SCROLL

立地へのこだわり

住居を構えるにあたって、
立地は良質な暮らしの基礎となるものです。
優れたマンションの本質は、エリア、交通利便性、
または資産性といった要素に留まらず、
⼟地自体の質に由来することをフリーディアは知っています。
フリーディアは、単なるアドレスだけではなく、
マンションの完成から数年経った後の営みを
具体的に思い描きながら、
住まう人々が、豊かに過ごせる⼟地を見つけることに
重点を置いています。

一歩退いた美しさ

フリーディアのデザインは、
日本的なモダニズムとミニマリズムの融合、
優れた素材の使用、照明が生み出す光の情感、
シンプルかつデコラティブなタイルパターンなどによって、
時代を超えて受け継がれる、
奥ゆかしさや日本的な上品さといった精神を表現しています。
声高に主張するでもなく、
かといって周りの風景に紛れて希薄になるでもない。
日々の暮らしの中で、人々が自然に受け入れることができる
新築マンションを作り続けてきました。

共用空間計画

空間の美しさは、
「デザイン」「マテリアル」「インテリア」が
一体となることにより顕在化します。
日々の移ろいを感じる場所として、
フリーディアの共用空間計画では、
経年と共に深みある雰囲気へと空間の表情を変えていく
素材の選定に重点を置いています。
共用空間を彩る適切なインテリアを選び、
最適な組み合わせ行うために、インテリア計画は、
常に建物デザイン計画と一体的に実施されています。

ゆとりの意味

フリーディアの住まいは、
都心の邸宅型マンションの思想に基づいて設計されています。
地型、隣地との関係、
法・規制、地面の起伏といった
様々に絡み合った要素を一つ一つ紐解きながら、
新たな建物として織り上げていく工程の中で、
動線、採光、眺望、隣戸との関係性、
セキュリティに配慮しながら生み出された住空間は、
決して“ゆとり”が広さだけで
生み出されるものではないことを証明します。

感性を表現する住まい

住まいは、暮らす人の個性(スタイル)に準拠して
カタチ作られるべきものです。
マテリアル、ファブリック、インテリア、ライティングなどの
室内を彩る構成要素の選定は、
空間の所有者が自身のスタイルを宣言する機会です。
既製品としての空間に合わせて暮らすのではなく、
自らの生き方や個性を表現した住空間に身を置くとき、
素晴らしい生活の質がもたらされると、
フリーディアは考えます。

INFOMATION

フリーディア西新レジデンス
物件エントリー受付開始

ENTRY

CONTACT

FREADIA MANSION YAKUIN GALLERY

0120-838-030

営業時間 / 平日11:00~18:00 土日祝10:00~19:00(定休日/水曜日)

予告広告

本広告を行うまでは、契約または予約の申し込みに一切応じられません。また申し込みの順位の確保に関する措置は講じられません。あらかじめご了承ください。
(販売開始予定時期/2023年3月上旬)
※全体で販売するか数期に分けて販売するか確定しておらず、販売住戸が未確定のため、物件データは全販売対象住戸のものを表示しております。

  • ※掲載の航空写真は、2022年5月撮影の航空写真に一部CG加工を施したものです。
  • ※掲載のエントランスアプローチ写真は、フリーディア高取レジデンスを2017年1月に撮影したものです。
  • ※掲載のラウンジ写真は、フリーディア大橋レジデンスを2014年12月に撮影したものです。
  • ※掲載のソファー写真は、フリーディア藤崎レジデンスを2019年9月に撮影したものです。
  • ※掲載の写真は2022年6月に撮影したものです。
  • ※掲載のリビングダイニングルーム写真は、フリーディア薬院ギャラリーを2019年9月・2020年8月に撮影したものです。